大阪フィルハーモニー交響楽団 - Osaka Philharmonic Orchestra
Contents - メニュー一覧

News - 大阪フィル ニュース

トップページ

プロフィール

大阪フィルニュース

公演スケジュール

定期演奏会

会員制度

チケットのご購入

各種サービス・割引チケット

グッズ

楽団員募集

大阪フィルハーモニー会館

合唱団

ニュース

  • 2017.06.23

    ラドミル・エリシュカ指揮の第512回定期演奏会について

    大阪フィルハーモニー交響楽団は本年10月に予定している第512回定期演奏会において、ラドミル・エリシュカ指揮により、以下のプログラムを予定しております。

     2017年10月19日(木)、20日(金)19:00開演 
      ドヴォルザーク/伝説曲 作品59より第1~4曲
      ドヴォルザーク/テ・デウム 作品103
      (木下美穂子(S)、青山貴(B)、大阪フィルハーモニー合唱団)
      ドヴォルザーク/交響曲第6番 ニ長調 作品60

    昨日、ラドミル・エリシュカ氏(86歳)が名誉指揮者を務める札幌交響楽団より、以下の通り同氏の健康状態に関する発表がございました。

    『札幌交響楽団(札響)名誉指揮者のラドミル・エリシュカ(86歳)は、今年2017年10月の札響との定期演奏会を、最後の来日公演とすることを決断いたしました。今年3月14日に札響東京公演を指揮したエリシュカは、チェコへ帰国後に体調を崩し、主治医の判断で、今後の日本などへの長旅を止められました。しかし、エリシュカは「これで終わりにしたくない。医師の判断に反しても10月に札響の皆さん、札幌の皆さん、日本の皆さんの前でもう一度指揮をしたい。10月に向けて体力を取り戻す努力をする」とコメント。今年10月に予定されている公演は行い、日本の音楽ファンへのお別れの挨拶とする考えです。10月は19日、20日に大阪フィルハーモニー交響楽団、27日、28日に札響を指揮する予定です(以下略)』。

    以上、弊楽団といたしましては、今回が最後の来日となる同氏との10月定期が、素晴らしいコンサートとなるよう全力で同氏をサポートして参りますので、皆様のご来場を心よりお待ちしております。



    [ 大阪フィル ニュース(一覧) ]