大阪フィルハーモニー交響楽団 - Osaka Philharmonic Orchestra
Contents - メニュー一覧

Profile - プロフィール

トップページ

プロフィール

大阪フィルニュース

公演スケジュール

定期演奏会

会員制度

チケットのご購入

グッズ

楽団員募集

大阪フィルハーモニー会館

合唱団

首席指揮者 井上 道義

井上 道義1946年東京生まれ。桐朋学園大学にて齋藤秀雄氏に師事。1971年ミラノ・スカラ座主催グィド・カンテルリ指揮者コンクールに優勝して以来、一躍内外の注目を集め、録音をはじめ世界的な活躍を開始する。1972年にはセルジュ・チェリビダッケ主催の講習会に出席し1位になり、才能を高く評価された。

1976年日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会で日本デビュー。1977年から1982年までニュージーランド国立交響楽団の首席客演指揮者、1983年から1988年まで新日本フィルハーモニー交響楽団の音楽監督を務め、東京文化会館定期で国内オーケストラ初のコンサート・オペラ≪コシファントッテ≫における演出兼指揮を行った。1990年から1998年まで京都市交響楽団の音楽監督、常任指揮者を務め、斬新な企画と豊かな音楽性で注目を浴びた。1994年、東京でバーンスタイン≪ミサ≫(演奏:京都市交響楽団)演出兼指揮を担当し、日本語を多用し当時、物議を醸した。1997年、京都市交響楽団として初のヨーロッパ・ツアーを行い、大成功を収めている。

1993年にはシカゴ交響楽団にラファエル・クーベリックの代役として定期公演に登場、好評を持って迎えられたために、1994年10月にも再び定期演奏会に招かれた。またロイヤル・フィルも定期的に指揮している。これまでにマーラー作曲交響曲第4番、第5番、第6番のレコーディングを実施。そのほか、ベルリン(RIAS)、ハンブルク(NDR)、シュトゥットガルト(SDR)、バーデン・バーデン(SWDR)の各放送交響楽団、ケルン・ギュルツニッヒ管、ミュンヘン・フィル、ドレスデン・フィル、スカラ・フィル、レニングラード響、フランス国立管、フランス国立ロワール管、リール国立響、ブタペスト祝祭管、ハンガリー国立管、ルーマニア国立放送響、ボルティモア響、KBS響、台北国家響、および、ベネズレラ、オーストラリア、に登場している。

また、オペラの世界では、1999年4月より、Bunkamuraオペラ劇場≪トゥーランドット≫を3年間にわたり指揮。スコットランド・エディンバラ国際フェスティバルとの共同制作により、1999年夏にエディンバラでも上演、現地の聴衆に新鮮な衝撃を与えた。その後、マルセイユ歌劇場にて≪蝶々夫人≫、≪ナクソス島のアリアドネ≫、新国立劇場にもプッチーニ≪ラ・ボエーム≫、≪運命の力≫を客演。2000年9月より3シーズンにわたって新日本フィルハーモニー交響楽団首席客演指揮者として、≪道化師≫、≪カヴァレリア・ルスティカーナ≫、≪死の都≫、≪ナクソス島のアリアドネ≫という意欲的な演目を取り上げ、自ら演出も担当しセンセーショナルな成功を収めている。

1999年から2000年にかけて、マーラーの交響曲全曲演奏会を10回シリーズで、新日本フィルハーモニー交響楽団とすみだトリフォニーホールにて行い、「日本におけるマーラー演奏の最高水準」と高く評価された。2007年、日露5つのオーケストラとともに「日露友好ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏プロジェクト」を東京・日比谷公会堂にて開催。2013年には サンクトペテルブルク交響楽団と日本国内ツアーを実施し、音楽・企画の両面で大きな成功を収めた。

1990年ザ・シンフォニーホール「国際音楽賞・クリスタル賞」、1991年「第9回中島健蔵音楽賞」、1998年「フランス政府芸術文芸勲章(シュヴァリエ賞)」、2009年「三菱UFJ信託銀行賞≪歌劇イリス≫」、2010年「平成22年京都市文化功労者」、社団法人企業メセナ協議会「音もてなし賞(京都ブライトンホテル・リレー音楽祭)」を受賞。

2007年1月よりオーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督、ならびに石川県立音楽堂アーティスティック・アドバイザーに就任。ラ・フォル・ジュルネ金沢を含む多くの実験的企画を敢行し続けている。2014年4月、大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者に就任。自宅にアヒルを飼っていた。

オフィシャルサイト http://www.michiyoshi-inoue.com/


Principal Conductor:
INOUE Michiyoshi

Michiyoshi Inoue was born in Tokyo in 1946 and studied at the renowned Toho Gakuen School of Music under Hideo Saito. In 1971 he received great national and international attention after winning the Guido Cantelli Conducting Competition at La Scala, Milan.
  From that moment Inoue developed his international musical career. Additionally he took master classes with Sergiu Celibidache in 1972, showing once more his exceptional musical talent.

Following his Japan debut with the Japan Philharmonic Orchestra in 1976, Inoue was appointed Principal Guest Conductor with New Zealand Symphony Orchestra, a position he held from 1977 to 1983. From 1983 to 1988 Inoue was Music Director of the New Japan Philharmonic Orchestra. During that time he started the Concert Opera series at Tokyo Bunka Kaikan, where he directed and conducted many successful productions such as “Cosi Fan Tutte”.
  In 1990 Inoue embarked on a highly successful 8 year tenure as General Music Director and Principal Conductor of Kyoto Symphony Orchestra, where he established a reputation for his innovative programming and dynamic performance. His directing and conducting of Bernstein’s “Mass” led to a sensational performance in 1994. In 1997 Inoue led Kyoto Symphony to great success on the orchestra’s first European tour.

Michiyoshi Inoue has conducted many of the world’s most prestigious orchestras. In 1993 he substituted for Rafael Kubelik as conductor of Chicago Symphony Orchestra. He received great reviews and was immediately re-invited by the orchestra in 1994. He also appeared as conductor with the Royal Philharmonic Orchestra and has recorded Mahler’s 4th, 5th and 6th Symphony with the orchestra.
  In Germany he has collaborated with many orchestras, including Deutsches Symphonie-Orchester Berlin, NDR Symphonie Orchestra (Hamburg), SWR Radio Symphony Orchestra (Stuttgart), SWR Sinfonieorchester (Baden-Baden und Freiburg), Gürzenich-Orchester Köln, Munich Philharmonic and Dresden Philharmonic Orchestra. Furthermore he has appeared with La Scala Philharmonic, Leningrad Symphony, Orchestre National de France, Orchestre National des Pays de la Loire, Orchestre National de Lille, Budapest Festival Orchestra, Hungarian State Symphony Orchestra, Romania National Radio Symphony, Baltimore Symphony, KBS Symphony and Taipei National Symphony Orchestra. Guest engagements have also led him to South America (Venezuela) and Australia.

As an opera conductor, Inoue conducted Puccini’s “Turandot” to high critical acclaim in 1999. A co-production of Tokyo Bunkamura and the Edinburgh International Festival, the production was equally well received by both Scottish and Japanese audience. Inoue conducted the production in Japan for three consecutive years.
  Ifurthermore he has conducted “Madam Butterfly” and “Ariadne auf Naxos” at Opera de Marseille, as well as “La Boheme” and “La Forza del Destino” at the New National Theatre Tokyo. Starting in September 2000, he has appeared as guest conductor with New Japan Philharmonic Orchestra for 3 full seasons, including performances of “Pagliacci”, “Cavalleria Rusticana”, “Die tote Stadt” and “Ariadne auf Naxos”.

During 1999/2000 season, Maestro Inoue initiated a ten-concert Mahler series, performing all symphonies with the New Japan Philharmonic Orchestra at Sumida Triphony Hall, Tokyo. Receiving highest critical acclaim the concerts were hailed as “the highest level of Mahler performance ever to be heard in Japan”. 2007 saw the widely-acclaimed “Russian-Japanese Friendship Shostakovich Complete Series Project” with Russian and Japanese Orchestras performing all symphonies under Michiyoshi Inoue at the Tokyo Metropolitan Hibiya Public Hall.

For his artistic activities and contribution Michiyoshi Inoue has received a number of awards including the “International Crystal Music Award” of the Symphony Hall (1990) and “The 9th Nakajima Kenzou Music Award” (1991). In 1998 he was honored by the government of France as “Chevalier dans l'ordre des Arts et des Lettres”. He received the “Mitsubishi UFJ Trust and Banking Corporation Award” for the opera production of Mascagni’s “Iris” (2009), the “Cultural Merit Award 2010” of the City of Kyoto, and the “Sound hospitality award/Kyoto Brighton Hotel Music Festival” awarded by Kigyo Mécénat Kyogikai (Association for Corporate Support of the Arts, Japan), also known as Japan Mécénat Awards (2010).

In January 2007, Michiyoshi Inoue became Music Director of Orchestra Ensemble Kanazawa and Artistic Advisor of Ishikawa Ongakudo and Chairman of the Japan Lutosławski Association, Chairman of the Japan Shostakovich Association. Additionally, Maestro Inoue is highly involved in the annual music festival La Folle Journee de Kanazawa.
  From April 2014, he will be the principal conductor of the Osaka Philharmonic Orchestra.



指揮者 角田 鋼亮

角田 鋼亮東京芸術大学大学院指揮科修士課程並びにベルリン音楽大学国家演奏家資格課程修了。2002年、安宅賞受賞。2006年、第3回ドイツ全音楽大学・指揮コンクールで最高位を獲得。2008年、第4回カラヤン生誕100周年記念の同コンクールでも2位入賞を果たした。2010年、第3回マーラー指揮コンクールでは最終の6人に残った。

これまで共演したオーケストラはコンツェルトハウスオーケストラ・ベルリン、ブランデンブルク交響楽団、上海歌劇院管弦楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、群馬交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢など。オペラ、バレエ、ミュージカルの分野でも活躍。新国立劇場、二期会、東京室内歌劇場、東響コーラスでは公演により副指揮者、合唱指揮者を務める。セントラル愛知交響楽団指揮者。2016年4月より大阪フィルハーモニー交響楽団指揮者に就任。いま日本で最も期待される若手指揮者の一人として、活躍の場を拡げている。


桂冠指揮者 大植 英次

大植 英次2003年音楽監督に就任。2012年より桂冠指揮者となり、大阪フィルハーモニー交響楽団との新たな関係がスタートした。

広島生まれ。桐朋学園で齋藤秀雄に指揮法を師事。1978年アメリカに渡り、小澤征爾の招きでタングルウッド・ミュージック・センターに学び、同年ニューイングランド音楽院指揮科に入学。タングルウッドでレナード・バーンスタインに出会い、以後世界各地の公演に同行、助手を務めた。

バッファロー・フィル準指揮者を経て、1990年から1995年までエリー・フィルの音楽監督、1995年から2002年まで名門ミネソタ管の第9代音楽監督を務めた。1998年からはハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニーの首席指揮者を務め、2000年よりハノーファー音楽大学の終身正教授も務めている。2006年9月バルセロナ交響楽団の音楽監督に就任。2009年9月よりハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニーの名誉指揮者となる。

2005年、新演出の「トリスタンとイゾルデ」で日本人指揮者として初めてバイロイト音楽祭で指揮し、世界中の注目を集めた。2006年から毎年大阪城西の丸庭園で実施している「星空コンサート」では大成功を収め、毎年9月には1週間にわたり大阪御堂筋周辺の店舗やショールームなど十数か所で開催する「大阪クラシック」をプロデュース、いずれも大阪の風物詩となり、多くの聴衆を魅了している。2006年度大阪芸術賞特別賞、斎藤秀雄メモリアル基金賞受賞。2007年11月、第42回大阪市市民表彰を受彰。2009年6月、ニーダーザクセン州功労勲章・一等功労十字章を受章。


Conductor Laureate: OUE Eiji

Since 2003 OUE has taken up the position as a music director in Osaka Philharmonic Orchestra as a successor of ASAHINA Takashi.

Born in Hiroshima, OUE studied conducting under SAITO Hideo at Toho Gakuen School of Music. He moved to the United States in 1978 as OZAWA Seiji invited him to study at Tanglewood Institute. In the same year, he entered into New England Conservatory majoring in conducting. He met Leonard BERNSTEIN in Tanglewood, and since then followed him all over the world for his concert as an assistant.

After conducting at Buffalo Philharmonic Orchestra, OUE was appointed as a music director in Erie Philharmonic Orchestra from 1990 to 1995. From 1995 to 2002, he became the 9th music director at Minnesota Orchestra. He is also the chief conductor in NDR Radio Philharmonic Orchestra of Hanover since 1998, and since 2000 he has been a professor at University of Hanover. In September 2006 he became the chief conductor and also an artistic advisor at Barcelona Symphony Orchestra. From September 2009 he is appointed as an honorary conductor at NDR Radio Philharmonic Orchestra of Hanover.

In 2005, OUE has become the first Japanese to conduct at Bayreuth Festival, for the new production ‘Tristan und Isolde’. The outdoor concert at Osaka Castle, ‘Hoshizora Concert’ has been successful since 2006, as well as his own produced ‘Osaka Classic’, which consists of many concerts at various venues including shops and show rooms along the mido-suji line in Osaka, over 7 days. Both events have been the annual events of Osaka city, attracting many people. OUE received the 2006 Osaka Performing Arts Special Award, and also the award for SAITO Hideo Memorial Fund. In November 2007, he received the 42nd Osaka Citizen Award. In June 2009, he received "das Verdienstkreuz 1. Klasse des Niedersachsischen Verdienstordens".



大阪フィルハーモニー交響楽団

大阪フィルハーモニー交響楽団

1947年朝比奈隆を中心に「関西交響楽団」という名称で生まれ、1950年社団法人化、1960年に改組、2012年4月から「公益社団法人大阪フィルハーモニー協会」となる。創立から2001年までの55年間朝比奈隆が常任指揮者・音楽総監督を務め、2003年に大植英次が第2代音楽監督に就任、2012年4月より桂冠指揮者となる。 2014年4月より井上道義を首席指揮者に迎え、「定期演奏会」(年10回、毎回2公演開催)をフェスティバルホールに移して開催。そのほか、平日昼の演奏会「マチネ・シンフォニー」、大阪・御堂筋や中之島を中心とした音楽イベント「大阪クラシック」など幅広い活動を行なっている。また大阪以外の全国各地でも文化振興に貢献しており、数回にわたるヨーロッパ、カナダ、アメリカ、韓国、台湾での演奏旅行においても絶賛を博した。


Osaka Philharmonic Orchestra

Osaka Philharmonic Orchestra was founded by ASAHINA Takashi as ’Kansai Symphony Orchestra’ in 1947. In 1950, it became incorporated body and the name changed to ‘Osaka Philharmonic Orchestra’ in 1960. Since April 2014, the orchestra has become to ‘non-profit incorporated association Osaka Philharmonic Association’.

ASAHINA Takashi had acted as regular conductor and music direction in Osaka Philharmonic Orchestra for 55 years since its establishment until 2001.

In April 2003, OUE Eiji was inaugurated as a 2nd music director, and became conductor laureate from April 2014.

From April 2014, INOUE Michiyoshi acts as the principal conductor and the subscription concert series become to be held at The Festival Hall 10 times a year, twice each. Meanwhile, music events are held extensively. Such as weekday concerts ‘Matinee Symphony’ which usually held at noon, or a music event named ‘Osaka Classic’, which takes Osaka Midosuzi and Nakanosima area as main holding places. The orchestra is also contributing to the culture promotions not only in Osaka but in various areas in Japan, and the concert tours to Europe, Canada, America, Korea, and Taiwan have been held several times, gaining high reputation at each country.




大阪フィルハーモニー
交響楽団

メンバーリスト

  • 首席指揮者
    井上 道義
  • 指揮者
    角田 鋼亮
  • 桂冠指揮者
    大植 英次
  • 創立名誉指揮者
    朝比奈 隆
  • 首席コンサートマスター
    田野倉 雅秋
  • 首席客演コンサートマスター
    崔 文洙
  • 第一ヴァイオリン
    石塚 海斗
    黒瀬 奈々子
    三瀬 麻起子
    鈴木 玲子
    高山 佳南子
    藤木 愛
    山本 彰
    力武 千幸
  • 第ニヴァイオリン
    浅井 ゆきこ
    市野 桂子
    久貝 ひかり
    小林 亜希子
    高木 美恵子
    田中 美奈
    中西 朋子
    橋本 安弘
    宮田 英恵
    横山 恵理
  • ヴィオラ
    井野邉 大輔
    岩井 英樹
    上野 博孝
    川元 靖子
    木下 雄介
    佐藤 まり子
    周 平
    松本 浩子
    米田 舞
  • チェロ
    石田 聖子
    織田 啓嗣
    近藤 浩志
    庄司 拓
    田中 賢治
    花崎 薫
    林口 眞也
    松隈 千代恵
  • コントラバス
    秋田 容子
    新 眞二
    池内 修二
    松村 洋介
    三好 哲郎
    山田 俊介
  • フルート
    井上 登紀
    上野 博昭
    田中 玲奈
    野津 臣貴博
  • オーボエ
    浅川 和宏
    大島 弥州夫
    大森 悠
  • クラリネット
    金井 信之
    田本 摂理
    船隈 慶
    ブルックス・トーン
  • ファゴット
    久住 雅人
    熊谷 将弘
    日比野 希美
  • ホルン
    蒲生 絢子
    高橋 将純
    藤原 雄一
    山本 秀樹
  • トランペット
    秋月 孝之
    篠﨑 孝
    松原 健二
  • トロンボーン
    ロイド・タカモト
    吉田 勝博
  • テューバ
    川浪 浩一
  • 打楽器
    井口 雅子
    久保田 善則
    中村 拓美
    堀内 吉昌

  • インスペクター
    近藤 浩志
  • ライブラリアン
    家 恵子
  • パーソネルマネージャー
    服部 喜久男
  • ステージマネージャー
    清水 直行

  • 理事長
    奥 正之
  • 専務理事
    平澤 正英
  • 常務理事
    鈴木 俊茂
  • 楽団事務局
    事務局長
    鈴木 俊茂
    事務局次長
    福山 修
     (演奏事業部長 兼務)
    演奏事業部
    吉田 芳
     (課長代理)
    菊地 麻維
     (広報・営業チーフ)
    久保 明子
     (チケットセンター主任)
    曽根 都
    野瀬 遼太郎

  • パトロネージュ推進室
    大西 宏尚(アドバイザー)
    橋本 倫行(  〃   )
    伊藤  勝(アンバサダー)

  • 総務局
    浅沼 吉正 (局長)
    奥野 節子
    本庄 嶺男
    松本 浩英

  • 会館
    栄 英之 (館長)
    清谷 保人