大阪フィルハーモニー交響楽団 - Osaka Philharmonic Orchestra
Contents - メニュー一覧

Schedule - スケジュール

トップページ

プロフィール

大阪フィルニュース

公演スケジュール

定期演奏会

会員制度

チケットのご購入

各種サービス・割引チケット

グッズ

楽団員募集

大阪フィルハーモニー会館

合唱団

大阪クラシック追加公演決定!



平成20年9月12日(金)、10:00から、大植英次プロデュース「大阪クラシック~御堂筋にあふれる音楽~」の追加公演を次のとおり実施します。
 追加公演は、ピアニストの小曽根真氏が大阪クラシックの趣旨に賛同され、実現することとなったものです。

日 時:平成20年9月12日(金)10:00~10:30(9:30開場)
場 所:大阪市中央公会堂大集会室  ※全席指定席
出 演:小曽根真(ピアニスト)、大植英次(大阪フィルハーモニー交響楽団音楽監督)
演 目:未定(当日のお楽しみとなります。)
料 金:無料
参加方法:平成20年9月12日(金)8:30から、大阪市中央公会堂正面玄関前(東側)にて指定席券1,000枚を配付します(お一人様一枚まで)。ただし、お席は選べません。


《小曽根真(おぞねまこと)氏プロフィール》
父の影響でジャズに興味を持ち独学で音楽を始める。1983年ボストンのバークリー音楽大学ジャズ作曲・編曲科を首席で卒業。同年6月ニューヨークのカーネギーホールでソロ・リサイタルを行う。米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム『OZONE』で全世界デビュー。2003年にはゲイリー・バートン(ヴィブラフォン)とのデュオ「ヴァーチュオーシ」で第45回グラミー賞に初ノミネートされた。近年はクラシックにも本格的に挑戦し、シャルル・デュトワ、尾高忠明、井上道義らの指揮のもとモーツァルト、ベートーヴェン、ガーシュウィン、バーンスタインなどの作品を演奏している。さらに、ラジオのパーソナリティやテレビ出演のほか、舞台音楽やドラマ音楽を手がけるなど、ジャズの世界を超えた幅広いジャンルで活躍している。
公式ホームページhttp://makotoozone.com/

(小曽根真氏コメント)
わかっていても目の前の数字にはどうしても影響されがちなこの世の中。クラシック、ジャズ、ポップス、ジャンルに関係なく音楽は人間の心を豊かにしてくれる。本当に辛い時には生きる力まで与えてくれる。目に見える物は当たり前だが、目に見えない宝物こそ大切にしていかなくては世の中どんどん貧しくなる。我々音楽家は皆さんの心に何か素敵な物を届けたいと常に願い、皆さんは客席から計り知れない程の愛をステージに返す。言葉を使わないこんな素晴らしいコミュニケーションが他にあるだろうか?この関西の地から大切な宝物を奪わないで!という願いを込めて。

チケット受付終了






問い合わせ先
・大阪市総合コールセンター
06-4301-7285 年中無休 8:00~22:00
・ゆとりとみどり振興局文化部文化振興担当
06-6615-0686 平日9:00~17:30
・社団法人 大阪フィルハーモニー協会
06-6656-4890 平日10:00~18:00




2008年9月 >>一覧表示
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

2008年10月 >>一覧表示
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

2008年11月 >>一覧表示
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -