大阪フィルハーモニー交響楽団 - Osaka Philharmonic Orchestra
Contents - メニュー一覧

Schedule - スケジュール

トップページ

プロフィール

大阪フィルニュース

公演スケジュール

定期演奏会

会員制度

チケットのご購入

学生券

グッズ

楽団員募集

大阪フィルハーモニー会館

合唱団



第80回 新春名曲コンサート

2011年1月10日(月・祝)
15:00開演(14:00開場)

第80回 新春名曲コンサート
[拡大]

ザ・シンフォニーホール

指揮:円光寺雅彦
ソプラノ:小林沙羅★
テノール:福井 敬◆
ヴァイオリン:宮本笑里♪
オルガン:室住素子*

〈プログラム〉
エルガー/行進曲「威風堂々」第1番
J.シュトラウスⅡ世/歌劇「こうもり」より “侯爵様、あなたのようなお方は”★
ヴェルディ/歌劇「アイーダ」より “清きアイーダ”◆
グノー/歌劇「ファウスト」より “宝石の歌”★
マスネ/歌劇「ウェルテル」より “なぜ私を目覚めさせるのか、春風よ”◆
ベルリオーズ/序曲「ローマの謝肉祭」
カッチーニ/アヴェ・マリア♪
服部隆之/Les enfants de la Terre ~地球のこどもたち~♪
      (TBS系テレビ「THE世界遺産」テーマ)
マスカーニ/歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より 間奏曲
ドヴォルザーク/歌劇「ルサルカ」より “月に寄せる歌”★
プッチーニ/歌劇「トゥーランドット」より “誰も寝てはならぬ”◆
サン=サーンス/交響曲 第3番「オルガン付」より 第2楽章*
■料金
一般価格:A席5,000円 B席3,500円 C席1,500円
会員価格:A席4,500円 B席3,000円 C席1,500円

■チケット販売所
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
ABCチケットセンター 06-6453-6000
電子チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:115-775)
ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:56627)

■お問合せ
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890

チケット受付終了






【プロフィール】
円光寺雅彦(指揮者) ENKOJI Masahiko, Conductor
 1954年東京生まれ。桐朋学園大学指揮科卒業。指揮を斎藤秀雄、ピアノを井口愛子の各氏に師事。1980年ウィーン国立音楽大学に留学し、オトマール・スウィトナーに師事する。
 1981年9月帰国後、東京フィルハーモニー交響楽団副指揮者に就任。1986年より同交響楽団指揮者となり、1991年3月までその任を務める。1989年より1999年3月まで、仙台フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者として活躍。オーケストラの飛躍的な発展に貢献し、その実績は高く評価されている。東京特別公演のライブをはじめ、円光寺・仙台フィルの演奏は多数CD化されており、その演奏からもオーケストラと指揮者の密接な関係を伺う事が出来る。
 1998年5月より2001年4月まで札幌交響楽団正指揮者を務める。2000年3月には、東京公演(サントリーホール)を指揮し好評を博し、札幌交響楽団と円光寺の取り組みは高く評価された。
 海外でも、1992年、スメタナホールにて、プラハ交響楽団の定期演奏会に客演したのをはじめ、1994年には、BBCウェールズ交響楽団、1995年にはドミトリー・キタエンコからの招きにより、ノルウェーのベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団、1998年1月にはフランス・ブルターニュ管弦楽団に客演し、それぞれの地で、その深い音楽性と適確な指揮で、多くの聴衆を魅了した。また、NHK「名曲アルバム」や「おーいニッポン」「あなたの街で夢コンサート」などの番組にも定期的に出演中。

小林沙羅(ソプラノ)
 東京藝術大学卒業。同大学院修士課程修了。ウィーン在住。
 「井上道義の上り坂コンサート」、「大野和士こころふれあいコンサート、千住明・松本隆、「隅田川」「源氏物語」初演、ヘンデル「メサイア」、ベートーヴェン「第九交響曲」、ハイドン「天地創造」、マーラー「第四交響曲」などに出演。オペラには『トゥーランドット』リュー、『ヘンゼルとグレーテル』グレーテル、『魔笛』パミーナなどで出演。N響、読響、新日本フィル、東響などオーケストラとの共演を重ねる。
 現代詩表現グループ<VOICE SPACE>に所属し、谷川俊太郎、佐々木幹朗、小室等、各氏らと共演を重ねるなど、詩の朗読や日本の歌、新曲演奏にも力を入れている。〈ラ・フォル・ジュルネ音楽祭〉参加や、映画「のだめカンタービレ」サウンドトラック歌唱、テレビ朝日「題名のない音楽会」出演などでも注目を浴びている。日本声楽アカデミー会員。
公式ホームページhttp://www.sarakobayashi.com/

福井 敬(テノール)
 国立音楽大学卒業。同大学院、文化庁オペラ研修所を修了。1990年、1994年とイタリアに留学。輝かしい声と情感あふれる演技、幅広い表現力で、いまや日本のオペラ、声楽界を代表するテノールとして最も信頼を集めている。
 二期会創立40周年記念『ラ・ボエーム』で二期会デビュー以来、新国立劇場、Bunkamura、びわ湖ホール、藤沢市民オペラなど話題の公演で大役を次々と演じ絶賛されている。コンサートにおいても主要オーケストラから絶大な信頼を得ているほか、リサイタル活動も積極的に展開。最近では東京二期会『ラ・ボエーム』、びわ湖ホール『スティッフェリオ』、大阪フィル『サムソンとデリラ』『トスカ』、びわ湖ホール・神奈川県民ホール『トゥーランドット』など相次いで主演。常に渾身の演技と質の高い歌唱に賞賛の声が止まない。
 芸術選奨文部大臣新人賞、出光音楽賞、エクソンモービル音楽賞洋楽部門本賞、ジロー・オペラ賞、及び新人賞など数々の栄誉に輝いている。二期会会員。

宮本笑里(ヴァイオリン)
 14歳の時ドイツ学生音楽コンクールデュッセルドルフ第1位入賞他。
 小澤征爾音楽塾・オペラプロジェクト、NHK交響楽団、東京都交響楽団定期公演、宮崎国際音楽フェスティバルなどに参加。これまでに徳永二男、四方恭子、久保陽子、店村眞積、堀正文の各氏に師事。
 2007年CDデビュー。数々の番組テーマ曲や、CMに出演し、MBS系「情熱大陸」NHK「紅白歌合戦」にも出演するなど、今最も注目されるヴァイオリニストのひとり。2010年4月より日本テレビ系「NEWS ZERO」カルチャーキャスターとしても出演。
 使用楽器はDOMENICO MONTAGNANA1720~30をNPO法人イエロー・エンジェルより貸与されている。
オフィシャルサイト&ブログ http://emirimiyamoto.com/(PC・携帯)

室住素子(オルガン)
 東京大学文学部美学芸術学科を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科(オルガン専攻)卒業、同大学院修士課程修了。秋元道雄、故H.ピュイグ=ロジェ、Z.サットマリーに師事。安宅賞受賞。1989~1997年水戸芸術館音楽部門主任学芸員を務め、1993年吉田秀和水戸芸術館館長賞受賞。G.ベルティーニ/都響のマーラーシリーズ、デュトワやアシュケナージ/N響との共演、フルネ/新日フィルとの「サン=サーンス交響曲3番」レコーディングなど重ね、フルネ氏より「間違いなく第一級のオルガニスト」との評価を得た。小澤征爾音楽塾ではコーチングスタッフを務めた。 日本オルガニスト協会会員。




2011年1月 >>一覧表示
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

2011年2月 >>一覧表示
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

2011年3月 >>一覧表示
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -